最新ニュース

  • 6.jpg

    1500人が実体験 50社以上の産業用アプリケーション導入例を紹介SYSTEX、エコシステムのパートナーにAIデジタル革命である「AIによるDXの有効化」を呼びかけ

    SYSTEX(精誠資訊)は、トレンドフォーラム「Enabling DX、Empowering AI for Social Good(ソーシャルグッドのためのDXの有効化、AIの強化について)」をアプリケーション展示会と共催し、デジタルエコシステムに属する国内外のパートナーを多数招いた。50件以上のAIアプリケーション導入例が紹介されている同展示会には、600社以上の企業から約1,500人が来場した。一方、同社は、AIテクノロジーR&Dのグローバルリーダーである台湾微軟(マイクロソフトの台湾現地法人)の孫基康総経理と、科大訊飛の杜蘭上級副社長を基調講演に招いた。
    同社は、データアプリケーションサイエンスとAI関連テクノロジーで積極的に社会貢献した組織または個人を表彰するAI4SG賞(ソーシャルグッド対応AI)を初めて受賞した。さらに同社は、未来の輝かしい新世界でのデジタルトランスフォーメーションに向けて邁進するため、より多くのリソース獲得を目指している。
    同社のフランク・リン(林隆奮)総経理兼CEOは、以下のコメントを残している。「テクノロジーの進化は我々の想像を既に超え、世界の急速な変化をもたらしています。業界の定義は崩れ、各企業は変革と前進の圧力を感じています。企業は、リソースを共有して、ビジネスモデルを革新し、市場の境界を拡大することによってのみ、将来のビジネスチャンスを掴み、リスクを予測できます。ただし、企業のデータ資産の扱い方を理解し、5A(アプリケーション、モバイルアプリ、API、アプライアンス、アルゴリズム)がクロスオーバーしたソフトウェアとデータを統合しないと、実際に企業が成長方向を正しく定めて、再び成長することができません。」
     
    詳しく見る
  • 7.jpg

    SYSTEX、Siemensと業務提携を締結 台湾のデジタルトランスフォーメーションが加速化

    SYSTEX(精誠資訊)はSiemensと業務提携を締結し、クラウドベースのオープンIoTオペレーティングシステム「MindSphere」を販売する台湾発のベンダーとなった。SYSTEXは、Siemensと提携してデジタルトランスフォーメーションサービスを提供し、台湾企業のスマートマニュファクチャリング導入を支援する。業務提携契約の正式な締結は、単なる両社の提携強化ではなく、SYSTEXがMindSphereのパートナーとなり、商業的支援、技術支援、マーケティング支援を行って、台湾におけるMindSphereのIIoTサービスとソリューションの普及に貢献することを意味した。さらに、SiemensはSYSTEXと共に、スマート工場開発を進めていく予定である。
    一例として、SYSTEXは台湾の工作機械メーカーである勝源機械(Leadermac Machinery)のMindSphereプラットフォーム導入支援を行った。このプラットフォームはクラウドデータ分析と独自のアプリケーションで工作機械のデータを収集し、工具の摩耗率と最適なメンテナンス時間に関する情報把握を行う。これはアフターサービスによる顧客拡大を目指すものであり、IoTデータの付加価値実装の成功例である。
     
    詳しく見る
  • 8.jpg

    SYSTEX、大手グローバルAI開発メーカーと提携 優れた実績を残し 台湾企業の4.0世代への移行を支援

    SYSTEX(精誠資訊)は、AIエコシステムパートナー40社を集めて30の業界でのAIアプリケーション導入事例を紹介するため、IBM、Microsoft、SAP、AWS、SenseTime、iFlytek、ITRI、Advantechなどの世界のAI研究開発パートナーを「AI4IAアプリケーションエキシビジョン&トレンドフォーラム」へ招待した。このイベントでは、最新のAI開発と実用的なアプリケーションを共に紹介し、特にAIを実際のビジネスモデルや日常生活に取り込む方法を大々的に紹介した。各業界から1000人以上のVIPが集まり、世界の変化の実態を体験した。
    同社のフランク・リン(林隆奮)総経理兼CEOは、「ビジネスは1.0のインターネット世代から2.0のモバイル世代、そして3.0のクラウド世代へ移行している。私たちは4.0に向かって邁進しています」と語っている。ビジネスの4.0世代を実現するための鍵は、AIを使用して事業で再び成長することである。それは、企業がこれからの10年にわたって変革し、成長が続けることができるかを左右する中核となる能力である。AIを台湾国内のビジネスで活用するため、同社はAIテクノロジーのグローバルリーダーと戦略的に提携し、業界独自のビジネスプロセスとサービス環境に訓練されたAIの導入を行った。これにより、優れたユーザーエクスペリエンスが実現され、産業用アプリケーションソフトがビジネスに欠かせないものとなり、企業内外のイノベーションに新しい価値が生まれている。
     
    詳しく見る