最新ニュース

  • Garaotus team member.jpg

    SYSTEX HPC 分野に新風を吹き込む

    高性能計算(HPC)が、科学者やエンジニアにとって計算集約的な問題解決のためのツールと考えられていたのは、それほど昔のことではありませんでした。しかし、ビッグデータやクラウドコンピューティングの出現により、HPC は実業界にも進出するようになっています。HPC とクラウドを組み合わせることで、顧客はこれまでにないメリットをいくつか得ることができます。膨大な量のデータを管理できる HPC は、複雑なデータの問題を効率的かつ迅速に解決することができる一方、クラウドはオンデマンドでの拡張が可能であり、ユーザーは利用ベースで使用料を払うことができます。つまり、クラウドで HPC を利用すれば、組織は使用する容量の料金を支払うだけで済み、オンプレミスの IT インフラの陳腐化や、あまり利用されないという事態が発生するリスクはありません。

    このような利点があるにもかかわらず、HPC インフラの運用・維持に伴う多額の投資や間接的なランニングコストが発生するため、HPC はまだ普及していないのが現状です。さらに、HPC クラスタをレガシーインフラと統合し、シームレスなデータ転送によってより優れたシステムパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを維持しながら管理することは困難です。元々モノリシックな構造で設計されていたオンプレミスの HPC クラスタは一般的なワークフローを処理することができますが、予期せぬピーク時の処理需要への対応に苦労します。その他、新しい HPC クラスタの調達、設置まで最低でも半年はかかりますので、IT 部門では設置する頃にはすでに時代遅れのシステムになっている可能性があります。

    成長データの分析、複雑なシミュレーションへの対応、パフォーマンスのボトルネックの克服が必要ゆえに、信頼性の高いソフトウェアが求められています。台湾に拠点を置く高付加価値 IT サービス企業の SYSTEX がこれを解決すべく、待ち時間や長いジョブキューを解消するために開発した新しい HPC 管理ソリューションは、可能な限り短い時間でタスクを実行し、最適な結果をより早く得ることができるようにサポートします。SYSTEX のテクノロジーをクラウドコンピューティングによって HPC と組み合わせることによって、最速のスピード、低レイテンシ、スムーズなアクセラレーション、最高の効率性と回復力をクライアントに提供します。SYSTEX の AI クラウドセンターの Jay Hsueh センター長は、「当社のソリューションの他社とは異なる点は、様々な役割に応じてコンピューティングリソースの最適化を可能にするコンバージドアーキテクチャを採用していることです。SYSTEX の HPC ソリューションは GAIA サービスポータルを通じてコンピューティングサービスを提供しています」と述べています。


    新境地の開拓
    1997 年に設立した SYSTEX は、当初は金融情報システム、取引、運用、管理サービスの分野で 90% のシェアを誇り、台湾の金融業界をリードする地位を確立しています。当社は、他の IT 企業との合併や投資によって、IT サービスのエコシステムへの統合を徐々に開始しました。 現在、SYSTEX は台湾でも有数の IT サービスプロバイダとして評価されています。23 年以上にわたり、HPC ソリューションをはじめとする豊富なソリューションを駆使して、3 万社以上の企業や政府機関の顧客の迅速なデジタルへの移行を支援してきました。SYSTEX の AI クラウドセンター副センター長の Terry Tai は「私たちは、顧客が AI、HPC、クラウドなどの革新的なテクノロジーを採用して、会社の運営と成長を強化することを支援しています」と語っています。当社は現在、アジア太平洋地域の顧客へのサービスプロバイダ分なリソースを持つアジアの専門的な HPC サービスプロバイダの一つとして認められています。


    製品開発で業界をリード
    HPC ソリューションによって、SYSTEX は IT 責任者の作業負荷の軽減を目的とした中央管理コンソールとして機能する GAIA サービスポータルを提供しています。このプラットフォームは管理者だけでなく、他のチームにもメリットがあります。コンバージドアーキテクチャにより、データセンターから計算リソースを分離することなく、設備投資によるシステムパフォーマンスを最大化することができます。ポータルでは、ユーザーやグループの設定、システムパフォーマンスを分析するためのリソースの管理など、個人で HPC 関連の様々なタスクを作成して管理することができます。HPC の複雑さをなくすことで HPC の専門家ではない人でも管理・運用機能を全て利用して、一貫したサービス体験が可能になっています。さらに、コンバージド HPC とクラウドとインフラストラクチャは、さまざまな役割やタスクに応じて計算リソースを統合することで、CAPEX を最適化します。SYSTEX の HPC ソリューションは、タスクを実行するための待ち時間や、後付けのハードウェアやソフトウェアのインストールを待つ必要はありません。ワークロードのパラメータに基づいて、システムが利用可能な最適なリソースを選択して個々のタスクを最短時間かつ可能な限り低いコストで実行します。
    SYSTEX の HPC 分野へのベンチャーについて語る Hsueh は、「最大の原動力の 1 つはデータと AI」と語っています。今日の企業はすでに膨大なデータの津波に悩まされており、この状況は今後ますます深刻化することが予想されます。実際、ガートナーは、産業界およびモノのインターネット(IoT)市場は 2020 年に 58 億のエンドポイントまで成長し、2019 年から 21% 増加しています。そのため HPC は、大規模データ分析の課題に対応するために、企業が必要とするアーキテクチャとテクノロジーを提供しています。「当社のHPC ソリューションは、求められるスピードと効率性を提供するだけでなく、リサーチプロセスの加速化にクラウドコンピューティングアーキテクチャを提供することで、学習や複製が容易なシンプルなコンピューティング環境を実現します」と Tai は補足します。

    SYSTEX はこのほど、「TIME」誌が選出する世界大学ランキングトップ 100 に掲載された有名大学でコンバージドアーキテクチャモデルを発表しました。現在、この大学では新型コロナウィルスに関連したバイオテクノロジー研究を行っており、研究データの受信、加工、管理、保存、送信が可能な複数のデータセンターを構築しています。しかし、クライアントは、異なるデータセンターからデータを収集できる共用ストレージプールと、HPC コンピューティング用の計算リソースが必要でした。SYSTEX は大学向けコロナウィルスューションとして、研究者や学生がデータを取得、保存、共有するだけでなく、AI 計算を利用して迅速かつ効果的に分析し、新型コロナウィルスなどのウィルスの抗ウィルス解毒剤を研究することができる中央ストレージシステムを開発しています。


    本物の価値を提供
    SYSTEX は顧客エンゲージメントにおいて、明確な戦略を採用しています。全てのパートナーとの強固な関係を保ち、双方の専門性を活かして市場競争を勝ち抜くことを目指しています。SYSTEX はこれからもデータエコノミーの統合をリードし、ソフトウェアとデータの力を使った「オーケストレーター」としての役割を果たすことで顧客のマーケティングの成果向上とデジタル化への迅速な移行を支援しています。この成功の大半は SYSTEX の各社員がいることで初めて実現できます。「私たちは挑戦の社風を採用しています。私たちが社員に対して責任を持つことで、社員にリスクを冒し、挫折を恐れないことを奨励していす」と Hsueh は語ります。「共有と協力、人とのつながり、資源を統合する意思がある限り、価値を生み出すことができます。」


    未来への道を切り開く
    SYSTEX の専門性とサービスはそれだけにとどまりません。データ処理、高付加価値ネットワーキング、システム統合、専門的なコンサルティングサービスも提供しています。SYSTEX はこのほど、AI、HPC、およびクラウドアプリケーションの分野への事業拡大のため、新ブランド「Garaotus」を立ち上げました。Garaotus は、コンバージド HPC とクラウドコンピューティングプラットフォームを提供することによって、顧客はエッジコンピューティングと AI 対応 IoT(AIoT)の恩恵を受けることができます。HPC とクラウドアーキテクチャのコンバージド化により、柔軟性、高性能、管理のしやすさなどのメリットを顧客に提供することができます。これにより、顧客は高い ROI を実現しながら、CapEx を最適化して節約することができます。「私たちは、顧客が他では味わえないサービス体験できるような、世界をリードする AI クラウド統合ソリューションプロバイダになることを目指しています。Garaotus はその実現に向けた第一歩です」と Tai は補足しています。Garaotus ブランドは、ここ数か月間で高等教育、バイオテクノロジー研究、政府機関など、各分野合計約 20 の HPC プロジェクトと契約しました。

    また、SYSTEX は情報サービスの再定義を目指しています。「「エコシステム統合」というスタンスで、エクスポネンシャルテクノロジーに精通した企業を育成し、関係を構築することで、顧客が迅速にデジタルへ移行して第二の成長の波を生み出す『エクスポネンシャル企業』になることを支援していきます」と Hsueh は説明しています。SYSTEX は今後もソフトウェアとデータ機能を強化し、クラウドベースの環境でオンラインとオフラインのデータの統合によって企業が消費者の行動パターンを理解できるようにデータ統合プラットフォームの構築を行っていきます。これにより、各企業は的確なマーケティングやサービスを提供し、自社のマーケティング力を強化することが可能となります。これと同時に Garaotus ブランドの成長も期待できます。「私たちは、デジタル化の波から顧客のビジネスを具現化するために Garaotus を作りましたが、今後も大きな成果を上げて顧客の目標達成を支援することを目指します」と Hsueh は意欲を語っています。

    出典:APAC CIO outlook
     

     
    詳しく見る
  • AdobeStock_268793354 - 複製.jpeg

    Advantech と SYSTEX がゲノム解析用新型 Intel Select Solutions を発表  急成長中のゲノム解析市場がターゲット

    ゲノム解析市場の発展は人間の病気を理解するための新たな扉を今開けようとしています。しかしながら、ゲノムシーケンスは毎年数百ペタバイトのデータを生成し、市場展開を早めるならビッグデータの技術が不可欠となります。
    現在、SYSTEX は Advantech と業務提携して、ゲノム解析用 Intel Select Solutions によるゲノムアーキテクチャの設計、配信、研修サービスを提供し、ゲノム解析の導入分野の進化を加速します。
    ゲノム解析のニーズに応えるべく、SYSTEX が擁する HPC 管理プラットフォームの GAIA は AI ワークフロー搭載の HPC のおかげでゲノムシーケンスなどの作業で素晴らしい性能を発揮します。また、医療用画像認識の学習タスクは、クラウドコンピューティングの設計によって実現できます。

    出展:Advantech
     
    詳しく見る
  • 1.png

    [Business Next]産業用アプリケーションとクライアントの信頼で強固な基盤を構築!SYSTEXが開発した「AI+ジェネレーター」でスタートアップ企業のビジネス機会拡大を支援

    SYSTEX(精誠資訊)は、AIが中台両岸および世界中で、あらゆる産業(特に同社が得意としている分野)へ影響を与えると確信している。その分野は、通信、金融、製造、政府系、教育、観光、物流、生物医学と多岐にわたる。その多様性を活かして産業用アプリケーションに特化するため、同社は人工知能戦略開発プラン(AI+プラン)を策定した。同社はAGP(AI+ジェネレータープログラム)を既に開発している。同社のアジア太平洋地区通信部門のリチャード・タン(唐雲順)ゼネラルマネージャーは、このAGPが一般的な新興企業向けアクセラレータプログラムとは異なることを強調している。これは非営利の公共福祉プログラムであり、通常のアクセラレーターやインキュベーションセンターとは異なる。AGPにはスタートアップ企業の株式購入や資金調達、スタートアップ企業が必要とする企業の成長やプレゼンテーションに関する研修は含まれていない。その代わり、AGPは、人工知能技術を活用した製品とサービスを開発した新しいベンチャー企業、およびビジネスモデルに拡大の見込みがあると評価されたスタートアップ企業に焦点を当て、これらのスタートアップ企業に市場マッチングと国際的なビジョン設計のためのリソースの提供を行う。
    詳しく見る
  • 1.JPG

    SYSTEX 独自に開発したNLPと、RPAとOCRを組み合わせたスマートフィンテックロボット「Robelf」を開発

    長年金融情報サービスに専念していたSYSTEXは、「兆豊証券」のAIソーシャルネットワークサービスで初めてフィンテックサービスの導入に成功後、兆豊証券と再び提携し、台湾初の受付&フィンテック対応ロボット「Robelf」を開発した。「Robelf」は、同社が独自に開発した自然言語処理(NLP)認識技術と、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)および光学文字認識(OCR)のスマートセンシング技術を組み合わせて開発した人とのコミュニケーションが大好きなが好きなロボットだ。将来、兆豊証券の実店舗の中にお客が入ると、「Robelf」は自動的に前進んでお客に挨拶するだけでなく、リアルタイムの株価やトレンド曲線のクエリ、金融商品の紹介、一般的な問い合わせへのソリューション、最近のマーケティング活動など対面で応答も行うようになり、兆豊証券で取り扱っているこれらのサービスはより便利なスマート金融サービスへ変化していく。
     
    詳しく見る
  • 3.jpg

    SYSTEX 2種類のスマート自動販売機発売 ファミリーマートのハイテク2号店で導入

    スマート小売に特化したSYSTEXは、小売およびサービス業界の人材不足とチャネル運用方式の変化に対応すべく、テクノロジーをデータ管理プラットフォームと組み合わせた「ボックス型フード自動販売機」大画面付き「スマート&対面式自動販売機」の2つの新しいスマート自動販売機を導入した。ファミリーマートのハイテク2号店が先駆けてこれらを導入した!
    同社が開発した対面式スマート自動販売機は、常温でも冷蔵でも商品の保管が可能だ。インテリジェントセンサーを搭載した超大型50インチスクリーンは、タイムリーなコマーシャルを消費者へ宣伝することができ、店内最高のプロモーションマシンとして機能する。さらに、消費者は画面に軽くタッチして商品を注文し、別のボックス型フード自動販売機のマルチ決済システムで支払い、カウンターを介さず支払いを完了できる。また、店舗のカウンターでPOSシステムと接続されているため、フード自動販売機の1日の売り上げが自動的にPOSシステムに統合され、店舗の売上を毎日確認する手間を削減する。
     
    詳しく見る
  • 4.jpg

    Pepperによるモバイル注文、AIによる予約 SYSTEXとPerobotの「インテリジェントレストラン」ソリューションが独占デビュー

    SYSTEX(精誠資訊)は、ロボットおよび自動サービス大手のPerobotと提携して、仮想および実際のサービスプロセスを統合したサービスアプリソリューション「Intelligent Restaurant」を開発した。仮想サービスと実体サービスは、LINE Payなど決済AIプラットフォームを組み合わせたチャットロボットを利用した予約、ロボット「Pepper」がその場でアシスタントするチェックイン、テーブルでのモバイル注文などが含まれている。これらのサービスはいずれもレストランのプロセスに貢献し、今までにないサービス体験が可能となり、企業顧客向けのAIデジタル化変革をもたらした。
    同社は、ソフトウェア開発の専門知識を組み合わせて、長年にわたって業界に貢献することで蓄積された独自のノウハウを実行に移した。同社はPerobotと提携して革新的なアプリケーションサービス「Intelligent Restaurant」のサービスを開始し、利用者に素晴らしいレストラン体験を提供しながら、利用者の特性や注文の好みなどの情報を収集した。さらに、AIコミュニケーションシステムは、レストランでの予約だけでなく、診療所の予約、台湾高鉄(新幹線)や映画のチケットの購入など、各業界のさまざまな利用場面に合わせたサービスにも応用することができる。
     
    詳しく見る
  • 5.jpg

    タイのセブン-イレブンと東急電鉄が支持 SYSTEX AGP2がもたらした8つのAIイノベーション

    AIイノベーションの中心産業を支援し、世界クラスのアプリケーションの導入を加速化するため、SYSTEX(精誠資訊)のAI+ジェネレータプログラム(AGP)は、6月初旬に昨年の最初のAGP1に続くAGP2で大きな可能性を秘めた8つのAIイノベーションをもたらした。同社は国際市場拡大に向けてAI革新的企業5社の支援を行った。このチームは、輝かしい実績に加えて、グローバル化するために計画、導入できる能力も備えていた。たとえば、あるチームは、タイのセブン-イレブンの流通センターや東急グループなどの海外の顧客に、同社独自の研究開発ソリューションの支持を得ることに成功した。
    AGPは、インキュベーターまたはアクセラレーター以上に効果を発揮する。同社がこれら革新的企業に投資する前提の代わりに、同社の内外のリソースを組み合わせた開発プロジェクトは、AIイノベーションとさまざまな業界の顧客の連携をもたらし、市場の国際化への適応が加速した。グローバル展開に向けて有望な革新的企業を育成は、同社の責任で行われた。革新的AI企業に対するAGPの選択プロセスと基準は、「選択は厳正であるが外部に公開されていない」という特徴があった。同社は、アプリケーションを受け入れる前に、製品の特性、競争上の優位性、ターゲット顧客の属性、ターゲット市場のエリア、AGPが幾度もの対話を通じて期待に応える方法を明確に理解しており、AGPが実際にAIイノベーションに貢献するものであることを証明した。
    詳しく見る
  • 6.jpg

    1500人が実体験 50社以上の産業用アプリケーション導入例を紹介SYSTEX、エコシステムのパートナーにAIデジタル革命である「AIによるDXの有効化」を呼びかけ

    SYSTEX(精誠資訊)は、トレンドフォーラム「Enabling DX、Empowering AI for Social Good(ソーシャルグッドのためのDXの有効化、AIの強化について)」をアプリケーション展示会と共催し、デジタルエコシステムに属する国内外のパートナーを多数招いた。50件以上のAIアプリケーション導入例が紹介されている同展示会には、600社以上の企業から約1,500人が来場した。一方、同社は、AIテクノロジーR&Dのグローバルリーダーである台湾微軟(マイクロソフトの台湾現地法人)の孫基康総経理と、科大訊飛の杜蘭上級副社長を基調講演に招いた。
    同社は、データアプリケーションサイエンスとAI関連テクノロジーで積極的に社会貢献した組織または個人を表彰するAI4SG賞(ソーシャルグッド対応AI)を初めて受賞した。さらに同社は、未来の輝かしい新世界でのデジタルトランスフォーメーションに向けて邁進するため、より多くのリソース獲得を目指している。
    同社のフランク・リン(林隆奮)総経理兼CEOは、以下のコメントを残している。「テクノロジーの進化は我々の想像を既に超え、世界の急速な変化をもたらしています。業界の定義は崩れ、各企業は変革と前進の圧力を感じています。企業は、リソースを共有して、ビジネスモデルを革新し、市場の境界を拡大することによってのみ、将来のビジネスチャンスを掴み、リスクを予測できます。ただし、企業のデータ資産の扱い方を理解し、5A(アプリケーション、モバイルアプリ、API、アプライアンス、アルゴリズム)がクロスオーバーしたソフトウェアとデータを統合しないと、実際に企業が成長方向を正しく定めて、再び成長することができません。」
     
    詳しく見る
  • 7.jpg

    SYSTEX、Siemensと業務提携を締結 台湾のデジタルトランスフォーメーションが加速化

    SYSTEX(精誠資訊)はSiemensと業務提携を締結し、クラウドベースのオープンIoTオペレーティングシステム「MindSphere」を販売する台湾発のベンダーとなった。SYSTEXは、Siemensと提携してデジタルトランスフォーメーションサービスを提供し、台湾企業のスマートマニュファクチャリング導入を支援する。業務提携契約の正式な締結は、単なる両社の提携強化ではなく、SYSTEXがMindSphereのパートナーとなり、商業的支援、技術支援、マーケティング支援を行って、台湾におけるMindSphereのIIoTサービスとソリューションの普及に貢献することを意味した。さらに、SiemensはSYSTEXと共に、スマート工場開発を進めていく予定である。
    一例として、SYSTEXは台湾の工作機械メーカーである勝源機械(Leadermac Machinery)のMindSphereプラットフォーム導入支援を行った。このプラットフォームはクラウドデータ分析と独自のアプリケーションで工作機械のデータを収集し、工具の摩耗率と最適なメンテナンス時間に関する情報把握を行う。これはアフターサービスによる顧客拡大を目指すものであり、IoTデータの付加価値実装の成功例である。
     
    詳しく見る
  • 8.jpg

    SYSTEX、大手グローバルAI開発メーカーと提携 優れた実績を残し 台湾企業の4.0世代への移行を支援

    SYSTEX(精誠資訊)は、AIエコシステムパートナー40社を集めて30の業界でのAIアプリケーション導入事例を紹介するため、IBM、Microsoft、SAP、AWS、SenseTime、iFlytek、ITRI、Advantechなどの世界のAI研究開発パートナーを「AI4IAアプリケーションエキシビジョン&トレンドフォーラム」へ招待した。このイベントでは、最新のAI開発と実用的なアプリケーションを共に紹介し、特にAIを実際のビジネスモデルや日常生活に取り込む方法を大々的に紹介した。各業界から1000人以上のVIPが集まり、世界の変化の実態を体験した。
    同社のフランク・リン(林隆奮)総経理兼CEOは、「ビジネスは1.0のインターネット世代から2.0のモバイル世代、そして3.0のクラウド世代へ移行している。私たちは4.0に向かって邁進しています」と語っている。ビジネスの4.0世代を実現するための鍵は、AIを使用して事業で再び成長することである。それは、企業がこれからの10年にわたって変革し、成長が続けることができるかを左右する中核となる能力である。AIを台湾国内のビジネスで活用するため、同社はAIテクノロジーのグローバルリーダーと戦略的に提携し、業界独自のビジネスプロセスとサービス環境に訓練されたAIの導入を行った。これにより、優れたユーザーエクスペリエンスが実現され、産業用アプリケーションソフトがビジネスに欠かせないものとなり、企業内外のイノベーションに新しい価値が生まれている。
     
    詳しく見る