小売・流通

台湾の大手百貨店がhksとiBeaconを組み合わせて新たな広告方式を確立

台湾国内の某大手百貨店は毎年多くの広告費用を投入し店頭で販促活動を行い、消費者の滞在時間の延長と購買意欲の増進を目指しました。しかし、販促用のノベルティは効率的に管理できず、交換率が良くないという問題がありました。そこでSYSTEXは自社で開発した位置情報サービス(LBS)による行動最適化アプリ「hks」とiBeaconを組み合わせた販促スタイルを踏襲し、店舗でエリアマーケティングを導入しました。ターゲットを絞った広告で消費者はより楽しいショッピングを体験することによって滞在時間が長くなります。購買意欲とノベルティの交換率が高くなり、百貨店内での販促方法の次々成功しました。これは、小売店舗とデジタルマーケティングが統合された好例です。